初級シスアド超入門は、初級シスアド(初級システムアドミニストレータ)の総合情報を無料で提供します。
情報処理過去問

E-R図

E-R図とは、データ間の関連によってデータ構造をモデル化する手法です。現実の世界を実体エンティティ)と関連リレーションシップ)の2つの概念を用いて表現します。

エンティティとは分析の対象となるもので「人、物、場所、事象、情報、概念」などがあります。リレーションシップとはエンティティ間に存在する関係を定義するものです。リレーションシップの種類には、1対11対多多対多の3種類があります。エンティティとリレーションシップは属性アトリビュート)を持ちます。

以下はE-R図の例です。エンティティ「得意先」と「商品」がリレーションシップ「受注」で結ばれていることを表します。エンティティ「得意先」からは複数の商品を受注することがあり、エンティティ「商品」は複数の得意先から受注されますので、多対多の関係になります。多対多は、「M」と「N」で表記します。

E-R図の構成要素

記号名称内容
エンティティ実体(エンティティ)分析する対象
リレーションシップ関連(リレーションシップ)エンティティ間の関係
アトリビュート属性(アトリビュート)エンティティやリレーションシップが持つ特性

E-R図の例

E-R図

2005年01月08日 03:47
スポンサードリンク
初級シスアド本 ランキング
合格情報処理
合格情報処理 合格情報処理は、初級シスアド・基本情報技術者試験の合格をサポートする唯一の月刊誌です。詳細は、記事月刊誌『合格情報処理』にレポートしましたのでご覧ください。定期購読は、雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」がおすすめです。
※売れてます!
スマートキャリア
エルスクール
ユーキャン