初級シスアド超入門は、初級シスアド(初級システムアドミニストレータ)の総合情報を無料で提供します。
情報処理過去問

システムのテスト

初級シスアド 平成17年度秋 午前問42

ソフトウェアの保守に際し、修正や変更がほかに影響を及ぼしていないかどうかを確認するテストはどれか。

ア 性能テスト
イ 耐久テスト
ウ 退行テスト
エ 例外テスト

解答・解説

ア 性能テストとは、レスポンスタイム(応答時間)やターンアラウンドタイム、スループットなどの性能が目標を達成しているかどうかを確認するテストです。

イ 耐久テストとは、長時間の負荷に耐えることができるかどうかを確認するテストです。

ウ 退行テストとは、システムやソフトウェアにおいて修正や変更を行ったときに、他に影響を及ぼしていないかどうかを確認するテストです。レグレッションテストともいいます。

エ 例外テストとは、例外的なデータの入力や操作を行ったときに、適切にエラー処理されるかどうかを確認するテストです。

解答は「ウ」になります。
OSにセキュリティパッチを適用したところ、他のソフトウェアが起動しなくなった。このケースでは、退行テスト(レグレッションテスト)が十分に行われていれば、問題を回避できたという事例です。

2006年07月06日 00:29
スポンサードリンク
初級シスアド本 ランキング
合格情報処理
合格情報処理 合格情報処理は、初級シスアド・基本情報技術者試験の合格をサポートする唯一の月刊誌です。詳細は、記事月刊誌『合格情報処理』にレポートしましたのでご覧ください。定期購読は、雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」がおすすめです。
※売れてます!
スマートキャリア
エルスクール
ユーキャン